一流人じゃなくても夢は叶えられる!

英語を学び、映画を見まくったことで夢は叶えられた!

【英語/映画/旅行が好きな方向け】ロサンゼルス駐在生活体験記 004

2.ロサンゼルスにやって来た! (のつづき)

いやはや、車の運転がまったく出来ない人間が自由に乗りこなせるようになるまでには時間が必要です。無理が過ぎると事故につながる。近道があるとするとしたら、それは、やはりしっかりと運転を学ぶこと、そして、慣れるということ以外にない。

ドライブ技術を確実にアップさせる為、仕事の合間を縫ってドライビングスクールの教習を受けることにしました。前任の先輩から「うちの会社の駐在員が代々、ロスで運転を教わっている先生がいるんだけど、高岡さん(私のペンネーム)もその先生に教わってみてはどう?」とのアドバイスがあったので、私は迷う事なくその先生を紹介してもらい、お世話になることを決めました。その先生のいるドライビングスクールはどこにあるのかを訪ねたところ、ロサンゼルスには日本のような教習所はなく、ドライビングスクールに電話をして予約を入れるとその予約日時に教官が教習車に乗って約束の場所まで来てくれて、授業がおわると、また元の場所まで送り届けてくれるというシステムとのことでした。1992年当時の授業料は、1時間あたり60ドルでした。 

 から教えてもらったドライビングスクールに電話を入れて、うちの会社の駐在員が代々お世話になっているという教官・ジェイさん(仮名)の講習を受けたい旨を伝えて予約を取りました。今にして思えば、もっと優しい先生を選んでおけば、それから憂鬱な日々がなかったのになぁと思いましたが、あとのまつりでした。

 

3.コリアンのジェイ先生

先輩自身もジェイ先生から講習を受けた経験があり面識があるので予約をした日時に我々のオフィスビルの前でジェイ先生を待っていました。

 ほぼ時間通りにトヨタの白い教習車に乗ってジェイ先生が我々の前のやってきました。車を停めて降りてきたその人物は小柄で年齢でいうと還暦前後、どことなくですが、ビートたけしさんに似た風貌の持ち主で、上は白いシャツ、下は紺色の綿パンをはいていて、腹の居所でも悪いのかなぜかムッとした感じで目を吊り上げていて、まるで今にも怒り出しそうな面持ちで我々の前までやってきました。先輩が「ハーイ、ミスター・ジェイ。」と陽気に声をかけ「今日からお世話になる高岡です。よろしくお願いしますね。」と彼に私のことを紹介してくれました。「OK,OK」と明るく高いトーンで返事が返ってきましたが、目は吊り上がり顔は少しも笑っていませんでした。その顔をみた時「やっべぇ!」と一瞬のうちに後悔の念が体に広がりましたが、もうどうすることも出来ないので腹をくくって、この日本語の分かる韓国人先生の教習を受けることにしました。

二人して車に乗り込むと先生は私用のレッスン表を作成してくれてました。私との会話はすべて日本語だったので、それは助かったのですが、叱られる時は日本語だけに直にぐさっときつい言葉が心に突き刺さることになるのです。

「さあ、それでは行ってみましょう!」

と私の方に顔を向けてしゃべってはいるのですが、目は確実にあらぬ方向をみていました。「高岡さん、今日は最初なので高岡さんの好きなように走ってみましょう。」と言われました。そうは言われても先生の前で只まっすぐに走り続けるわけにもいかず、日本で「完全無敵のペーパードライバー」なだったわけで、少しでも良くみせたいという人間の見栄が邪魔をして緊張感を生み、段々と、だんだんだんと緊張の度合いが上がってきてしまいました。

「高岡さん、それでは駐車場から出て少し走ってみたいので、まずは車をバックさせましょう。ハイ、ギアをバックに入れて!」

「GearをBackに入れるんだなぁ」と思い運転席の右横にあるギアレバを握って動かそうとギアのある場所を見たのですが、そこには「P」「N」「D」「R」の文字が並んでおり、どこにも「Back」を表す「B」の文字がないのです。先生に思わず、「先生、Bがありません。どうすればいいんですか?」と尋ねたところ、そんなことも分からないのかという恐い顔で「ギアをここへ。この「R」と書いてある場所に持っていきます。これは「後ろに」という意味の単語「REAR」の頭文字を取っているわけ。」となぜかうっすらとどや顔。

 「この我々の顔の間、車の真ん中にあって車の後方を確かめる為の鏡・ミラーも日本では『バックミラー』って言うけど、こっちでは『リアミラー(RearMirror)』っていうからね」

 「レアミラー!。ミディアムとレアの『レア』ですね?」と緊張感から思わず咄嗟に知ったかぶりを言ってしまいました。少し考えれば分かるはずなのに。案の定。

「ち!」「それは『レア』、バックは『リア』

ジェイ先生がだんだんとぶち切れ気味になってきたので、とにかく早く駐車場から出られるように運転に集中しました。道路に出ると先生は好きなように走りなさいと言ったはずなのに「右に曲がりなさい。はい、ここは左に曲がりなさい。」と指示の連続。車を走らせていくとメイン通りから離れた車の少ない裏通りの方へ。道幅がちょっと広めの閑静な住宅街へと車を誘導していき、そこで一つ一つ細かい教習が始まりました。

とある人けのない交差点で信号が赤となって車を停止させました。まわりには他の車もなく、歩行者もいませんでした。前方の信号が赤にも関わらず、ジェイ先生は「ハイ、ここを右に曲がって、アクセレレイター」とアクセルペダルに乗せている私の足をポンと叩いたのです。いぶかしく思い「先生、信号が赤ですよ。」と聞いてみました。すると「歩行者がおらず、他の車がいても容易に右折が可能だと判断出来た場合、アメリカでは右折してもいいのです、それがアメリカのルールです。」という答えが返ってきました。これはちょっとしたカルチャーショックでした。

ジェイ先生はやたらと「アクセレレイター」という言葉を使うのですが「アクセル」という言葉は日本人が作った造語であって本当は「アクセレレイターというんだよ。」と言った時もどや顔をされていました。

しばらくすると、道端に車を停めるように言われました。そして、私の運転に対するコメントが始まりました。

「あなたの運転ひどい。メチャクチャです!

   基礎からじっくりやり直しましょう!」

 つづく

※時を戻そう!Vol.005へ!! PC・タブレットをご利用の方で関連記事の中に005が見つからない場合【月別アーカイブ】の中の2020/5(17)の箇所をクリックして頂き、その中からVOL.005をお選びください。携帯の方は下の「記事一覧」の中から005お選び頂きご覧下さい。ご不便をおかけしてしまい申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします!