一流人じゃなくても夢は叶えられる!

英語を学び、映画を見まくったことで夢は叶えられた!

【人生ほど重いパンチはない】007:「人生の縮図」なのか?と思った戦争映画「プラトゥーン」

自分に関係のない「事・知識・情報」などは耳に聞こえてきたとしても、中々頭にはいってこなかったりします。若い時の自分を思い返すと、ついつい自分の中で「どうせ俺には関係のないことだし。」ととかく考えがちでした。 もしかすると、この考えが私が一流人に近づくことが出来なかった幾つかある原因の中の一つなのかもしれません。

f:id:TakTakaoka:20211028094823j:plain

上はGerd AltmannによるPixabayからの画像

 

確かに子供の頃から「優秀」というか「あたま」の良い友人たちは、自ら率先して「本」を読み、親の言うことも聞いて、皆、吸収力が高かったように思います。私の場合、小学校の頃は学校から帰ると「何をして遊ぼうか?」「今日は誰々ちゃんちに遊びに行こう!」とただ単にその日ぐらしの「遊び」のことばかり考えていました。恥ずかしながら小学生の私の成績は「下の中」位でした。「母子家庭」の上、私の母は兄弟はいましたが、姉妹が多くて、叔父叔母の中に屈強なタイプの男性はいませんでした。だからおのずと「男はかくあるべき!」という「理想の男性像」は自分で探さざるをえないという状況でした。中学生になると少しは「本」にも興味を持ちだし、高校生になると有難いことに「映画」に出会ってからは多くの映画を観ることによって自分なりに「理想の男性像」を探るようになりました。

「映画」からは他に「社会の厳しさ」というものも教えてもらいました。そして、幾ら勇んだところで一人の人間の力などではどうしようもない事柄がこの世の中にはあるということを学んだのも「映画」でした。

その「どうしようもない無力感を感じることになった映画」について今日は書かせてください。その映画とは日本で1987年に公開されたオリバー・ストーン監督の「プラトゥーン」です。

この映画のジャンルは戦争映画です。この作品のことを知らない若い方の為に少しばかり説明させてください。監督のオリバー・ストーンはベトナム戦争の時代、大学生だったのですが、ベトナムで何が行われているのを自らの目で確かめたいという思いから大学を辞めて、志願兵として戦地に赴きます。そして、戦地での生活を体験することになります。その体験をもとに彼は「プラトゥーン」の脚本を書きあげます。そして、後年、プロデューサーのアーノルド・コペルソンとともに映画化に乗り出します。しかし、アメリカの大手映画会社はどこもこの映画に「可能性を感じない」と言って製作に手を挙げる会社は現れませんでした。出演者たちのインタビュー映像を見ても誰もが「この映画は興行的には当たらない」と思っており「ただ映画化しておくべき内容だと思ったので参加した」と語っています。また「興行的に当たらないだろう」と皆が思ったのには、大きな理由があって、実はこの作品、公開されたのが「クリスマス」の時期だったのです。確かに「戦争映画」には最も向いていない時期だと私も思います。ただおそらくこれが功を奏して時期的にアカデミー賞の選考には良い結果となりました。

 

しかしながら、この映画は公開されるや皆の予想に反してヒットを飛ばし、アカデミー賞にも8部門でノミネートされて4部門で受賞するほどの名作になってしまったのです。この作品は冒頭からサミュエル・バーバーが作曲した「弦楽のためのアダージョ」という曲が使用され、また劇中なんどもこの曲がかかります。この曲はケネディー大統領が暗殺された際の葬儀の際に使用された曲でもあります。作曲をしたバーバーはこの曲は「葬儀のために作った曲」ではないと憤慨していたそうですが・・・。

 

※Youtubeにいくつかこの曲を演奏しているサイトがありますが、私個人としてはオーケストラ・アンサンブル金沢による以下の映像が素晴らしいと思いました。「池辺晋一郎が選ぶクラシック・ベスト100」より。

 


www.youtube.com

 

この作品の舞台は「ベトナムの戦場」であり、映画を見ているすべてのものがまるでその小部隊(プラトゥーン)の一員と化してしまい、戦場という悲惨極まりない小世界で時に仲間が、自分が傷つき、血を流し、痛みと恐怖で叫び声をあげるなか、何が善で、何が悪なのか、「命」がけの極限の小世界で、ただ「生きて闘う」ことだけが「大事」であり、傷ついたものは「お荷物」であり、死んだものはただの「死体 / 物」でしかない。小世界で必死に生き抜く兵士たちの後ろに聞こえているのは銃声であり、ヘリコプターの羽根の音だけという世界。静まりかえるジャングル。その足ものには「へび」「ムカデ」「アカアリ」などがいるが気にもしていられない。夜もゆっくり寝られない。敵兵が近くに潜んでいるかもしれない、だから絶えず息をひそめている。

 

そのような状況下で描かれる「善」と「現実」の対立。「善」を主張しぎて「命」を落とす者。「戦場」なのだから「血」による解決こそ「現実」なのだと自らの「善」を主張する者。命を奪い合う極限の場である「戦争・戦地」で行われる「狂気」の沙汰。「良心」の呵責などという言葉などが通じない世界。

 

以下は、主人公のクリス・テイラー(チャーリー・シーン)に、除隊が許されてベトナムを離れることが決まった黒人兵士が投げかける何でもないセリフです。

「英雄ぶってムチャしたところでつまんねぇだけだからな」

この言葉って戦地であろうがなかろうが、実はどのような世界や局面においても当てはまる言葉ではないでしょうか。「つまらない思い(損な事、怪我・死)はするなよ」

 

野球でいえば、取れるかどうかは分からない球をダイビングキャッチするかどうかを判断する瞬間。飛び込むか、あるいは、あきらめて力を落とすか。ムチャなのか、それともスキルが凌駕しているのか? 判断はその一瞬にかかっているだから「ムチャ(目立つようなこと)」はするなよって。命がけの戦地であれば、尚更のことです!

 

時に一瞬の判断が、その後の人生を左右することだって人生にはありうるのです!!