一流人じゃなくても夢は叶えられる!

英語を学び、映画を見まくったことで夢は叶えられた!

サンフランシスコ :映画になった「ミステリー・ハウス」 【再掲出71・前】               

サンフランシスコ:  映画になった「ミステリー・ハウス」☆

【再掲出070からのつづき】

銃器というものは戦争や争い時に人を殺傷する際に使用されるわけで、サラは夫と娘を失ったのは、自分の家の稼業が銃製造であり、人の命を奪う銃を売ることによって得た利益で自分は裕福な生活を送っていることに対する罰なのだと思い込みます。そして、傷ついた心をどうすることも出来ず、ある霊媒師の元を訪れます。すると彼女に降りかかる不幸はすべてウィンチェスター銃により命を落した亡霊たちの怨念がそうさせており、「彼らの恨みを晴らすためには西方面に引っ越しをして、そこで家を建てなさい。」との助言があり、彼女はその通りにして霊たちの怒りを鎮めるために家の増築を重ねていくことになります。それがその後38年間も絶え間なく増築していくことになっていく訳です。 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/T/TakTakaoka/20200910/20200910202248.jpg

私はこのお屋敷を訪れた際、詳しい事情を知らなかったわけですが、どうしてこんなお屋敷が作られたのだろうか?その内容を描いてくれる「映画」があってもおかしくないのではないかとずっと思っていました。そして、ついにその映画「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」が製作されて、2016年に公開されました。

家の主であるサラ・ウィンチェスターをヘレン・ミレンが演じています。ヘレン・ミレンは「キャル」(84)と「英国万歳!」(94)で二度ほどカンヌ映画祭で主演女優賞を獲得、「クイーン」(07)ではアカデミー主演女優賞を受賞しています。娯楽アクション大作にも出演していてブルース・ウィリスらと共演している「RED レッド」シリーズやヴィン・ディーゼル主演の「ワイルド・スピード」シリーズでも圧倒的な存在感を示している。サラ・ウィンチェスターの精神鑑定をするためにお屋敷に遣ってくる精神科医の役を「ターミネーター:新起動ジェネシス」のジェイソン・クラークが、マイケル・スピエリッグ(「ジグソウ:ソウ・レガシー」)が監督を務めています。この映画はミステリーというよりも「ホラー色」強めの作品になっていますが、どうして彼女がこのお屋敷を作ることになったのかは十分に理解出来る内容になっています。

もしも皆さんの働いている会社の商品が数多くの人の命を奪うようなことになっていて、その商品が売れれば売れるほど、あなたのお給料やボーナスがどんどん上がっていくのだとしたら、最初のうちは嬉しいかもしれませんが、そのような状況をあなたは定年になるまで耐えることが出来るでしょうか?あなたの会社に浴びせられる誹謗中傷に対してあなたは、あなたの心は何の痛みも感じずに平々凡々と過ごしていられるでしょうか?私にはサラ・ウィンチェスターがどういう気持ちで「ミステリー・ハウス」の増築をし続けていたのかその真意を知りえることは出来ませんが「せめてもの罪滅ぼし」になればという気持ち(?)から、その作業をし続けていたのだと信じてみたいのです。

我々は出来ればお金持ちになりたいと願います。確かにお金はありすぎて困るということはないでしょう。しかしです、人の恨みや他人を犠牲にして得る富だとしたら、巨万の富を持つような身分になったとしても、その人の心は安らぎを失い、平穏な日々を送ることが出来なくなってしまうのではないでしょうか?

お時間とご興味のある方は、この映画「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」をご覧になってみてください。しかしながら、ホラー映画が苦手な方にはお薦めはしませんが・・・。