一流人じゃなくても夢は叶えられる!

英語を学び、映画を見まくったことで夢は叶えられた!

【英語/映画/旅行が好きな方向け】ロサンゼルス駐在生活体験記 100, 100回記念にして最終話となりました!!              

17.「ロサンゼルス駐在生活体験記」100回記念にして最終話となりました!!

片親育ちの私でも自分の掲げた「夢・目標」をあきらめずにこつこつと努力した結果、憧れていた海外駐在員になれ、しかも心の底から憧れていた町・ロサンゼルスで3年4ケ月もの間、生活することが出来ました。 

その3年4ケ月の間に体験したことを書き記しておきたいという想いから、何も分からないところからこのブログ「ロサンゼルス駐在生活体験記」をスタートさせ、およそ7ケ月間、書き続けてきました。

何度も書いていますが、私が駐在していたのは1992年から1995年です。もう28年も前のことを書いておりましたが、自分の中ではすべてがついこの間のことのように思い出されました。

f:id:TakTakaoka:20201226134507j:plain

David MarkによるPixabayからの画像

着任して早々に遭遇した「ロサンゼルス暴動」の記憶は、今なお鮮明に残っていて、この事件を体験した一人の日本人としてどうしてもその時の様子を書き残しておきたいという思いが強かったこともこのブログを書く一因になりました。それ故に、このブログ「ロサンゼルス駐在生活体験記」の中で「暴動の勃発」から「暴動の終息」までの様子を 「011」から「015」までの5回に渡って書き記すことになりました。

また暴動の翌年には「ロサンゼルス地震」が発生してしまい高速道路が陥落し交通網が遮断されてしまったロサンゼルスを体験することになってしまい、その時の様子もブログ「028」の中に書き残すことが出来ました。

日本ではペーパードライバーだった私が車社会のロサンゼルスで仕事をするために克服しなければならなかった最初の仕事は「車の運転」でした。運転に慣れてきてからはハリウッドスターのご自宅巡り(探し)に凝ってしまいしばらくの間、週末になると事前に探していたスターの住所を地図で探してはそちら方面に車を走らせておりました。お陰さまでロサンゼルスの町の通りをかなり早く覚えることが出来ました。ブログには詳しく書きませんでしたが、ジャック・ニコルソン、エディ・マーフィ、スピルバーグ監督、スタローン、マドンナなどの邸宅も回ったりしておりましたね。いい体験でした。今、2020年のコロナ禍、やりたくても、もはやロサンゼルスに行くことすら出来なくなっていますから。

 もしよろしければお時間ある際に、以下の体験談もお読みになってみてください。

 ●ロサンゼルス暴動の体験談 ブログ011  

blog.t-takaoka.com

 ●ロサンゼルス地震の体験談 ブログ028 blog.t-takaoka.com

 ●トム・クルーズの邸宅を探しに行った時の体験談  

blog.t-takaoka.com

 この「LA駐在生活体験記」のブログ99話分のその全てが「私の叶った夢の話し」なので人によっては「なんだよ、このおっさん、ただ自慢しているだけじゃん」とお思いになられた方もいらっしゃると思います。

 

どのような「夢・目標」も悲しいかな、瞬時には叶いません。努力して過ごす時間は、実にゆっくりとしか前に進んでくれません。「光陰矢の如し」と言いますが、過ぎてしまえばそう言えるのであって「夢・目標」を正に今、追い続けている人達にとっては当てはまらない言葉だと思います。「夢・目標」を追っている最中の人達からすると時間の進行速度はまさに地球がゆったりと一周する自転の速度のように重いものなのだと思います。ですが、我々は人生のある時期、その速度を越えていかなければなりません。でもそれは「心が健康な人の特権」です。決してひるむことなく、前を見据えて、自分が掲げている自分の「夢・目標」に向って重い重い時の扉を足を踏ん張ってこじ開けるつもりで挑んでいってください。決してひるむことなく!!

このブログ「ロサンゼルス駐在生活体験記」ですが、これまで書いてきた001~99までをこれから順次、英語版に翻訳してアップしていきます。私は英語検定1級は所持していませんし、TOEICも超高得点を取っている訳でもありません。ただ言えることは3年と4ケ月間、ロサンゼルスで働いてきたことだけは事実です。それが出来る英語力の基礎レベルは分かっているつもりです。ですので、将来、海外で働くことになる若者たちの一助になればという思いを持ちつつ、読み終えた時にその方の英語力のアップに少しでも貢献できるような読み物にするつもりで取り組んでいきます。おそらく完成まで時間がかかるとは思いますが、こつこつと励んでまいります。

 

今までこのブログに根気よくお付き合いを頂きました様々な境遇の中にいる「読者」の皆様、本当にありがとうございました。特に「読者登録」をしてまでお読み頂きました皆様に心から感謝しています。皆さんの存在にはとても励まされました。「ロサンゼルス駐在生活体験記」は一旦、終了となりますが、来年1月15日よりまったく新しいブログとして「映画と音楽で心は歓喜しっぱなし」 (下にリンクのボタンをご用意してあります)を書いていくことを決め、すでに予告的にパイロット版サイトを立ち上げております。今度の舞台は日本を含む世界。時代は過去から現在まで。そして「映画」だけでなく「音楽」「アニメ」「特撮」「韓流」にまで話題を拡げたまったく新しいブログを書くことにしました。もしよろしければ、またそちらの方もお付き合い頂けますと幸甚です。本当に皆さま、お読み頂き、ありがとうございました!!

つづく

blog.t-takaoka.net

次回の「ロサンゼルス駐在生活体験記 101」は、この体験記001の英語版となります。アップ日は未定。翻訳作業が完了したものからアップしていきます!