一流人じゃなくても夢は叶えられる!

英語を学び、映画を見まくったことで夢は叶えられた!

【英語/映画/旅行が好きな方向け】ロサンゼルス駐在生活体験記 061 フロリダ ②プールが綺麗すぎる,「BADBOYS」& 初めてキーライムパイを食べてしまった!            

12.フロリダ ②プールが綺麗すぎる!,「BADBOYS」& 初めてキーライムパイを食べてしまった!

前回のブログ060の中でマイアミの町で見かけるプールがどこもかしこも綺麗だったという話しをしました。ロサンゼルスのダウンタウンに映画「ビバリーヒルズ・コップ」にも出てきた「ビルトモアホテル」がありますが、その系列店がマイアミにもあります。そこのプールに痛く感動したことを覚えています。綺麗な上に、その大きさにもうびっくりでした!! 

f:id:TakTakaoka:20200815074315j:plain

マイアミビルトモアホテルのプール。私が訪れた夏の日も人の数はまばらでした。  Thomas Schroeder によるPixabayからの画像

マイアミビルトモアホテルのプールを訪れた時、その日過ごすスケジュールがかなり埋まっていたので急にプールに入るというわけにはいかず「素晴らしすぎるぞ、このプールは!!」と思いましたので、次回マイアミを訪れることがあった際には「必ずこのプールでぷかぷかと浮かぶぞ!」と心に決めました。その想いは今でも変わっていませんが、なかなかフロリダには行けませんしこのホテルに宿泊するには懐的に許されないかなぁと思っています。この建物は1926年にジョージ・メリック氏により建てられて第二次世界大戦中は軍人病院として使用されていました。その後はずっと閉鎖されたままでしたが、大改修の後、1986年にホテルとしてリオープンしました。このホテルはその美しいデザインにまず目を奪われますが、厳かなロビーも魅力的なので機会のある方はホテルの中も観に行ってみてください。このホテルはシルベスター・スタローンとシャロン・ストーンが共演した「スペシャリスト」(94)やウィル・スミスとマーティン・ローレンスが共演した「BADBOYS」(93)にも出てきているんですよねぇ。

「BADBOYS」(93)、「BADBOYS TWO BAD」(2003)は、マイケル・ベイの監督作でマイアミ市警で働く黒人刑事二人組の活躍を描いています。マイケル・ベイの代表作は「ザ・ロック」(96)「アルマゲドン」(98)、「パール・ハーバー」(2001)などなど。

「BADBOYS」の「パート1」には殺人現場の目撃者の役でティア・レオニーという女優さんが出ています。彼女は「ディープ・インパクト」(98)、「ジュラシック・パークⅢ」(2001)などにも出演しています。彼女は1997年に「X-ファイル」のモロダー捜査官役で有名なディヴィッド・ドゥカブニーと結婚しています。二人の間には息子さん、娘さんの二人のお子さんがいるようです。二人は一時期、別居し一度寄りを戻したてはみたものの、結局2014年に離婚してしまいました。2008年にドゥカブニーは弁護士を通じて自ら「性依存症」だと公表し治療を受けていました。

「BADBOYS」は続編・シリーズとして「BADBOYS TWO BAD」(2003)、「BADBOYS FOR LIFE」(2020)が製作されています。ご覧いただくとお分かりの通り今年2020年1月に17年ぶりに新作「パート3:フォーライフ」が公開されています。製作・配給元のソニーピクチャーズでは「パート3」がヒットしたことにより「パート4」の準備に入ったとのことです。また「パート3」は、前2作品を監督したマイケル・ベイ監督から若手の監督DUOであるアディル・エル・アルビ & ビラル・ファテーに交代しています。このアディル・エル・アルビ監督 & ビラル・ファテー監督のコンビですが「BADBOYS FOR LIFE」(2020)がヒットしたこともあり、現在、エディ・マーフィー主演の「ビバリーヒルズ・コップ4」の監督に内定しているようです。こちらも楽しみです。

昼間、マイアミビーチ、ビルトモアホテル、マイアミの町を散策してきましたが、夕方からディナーの時間帯はココナッツグローブという地域で過ごしました。白を基調にした、まあ綺麗な町でした。東京の青山や原宿の裏通りにある綺麗なブランドショップがビーチの近くにあって、軽井沢の澄んで気持ちのよい空気とともに移動してきたような快適な町で、何だか町の名前からして超オシャレなリゾート地でした。この日の夜はココナッツグローブで晩御飯を食べましたが、フロリダに行った際には食後のディナーの後に絶対に食べたいと思っていたデザートがありました。それは何を隠そう””キーライムパイ””です。フロリダのこのマイアミからキーウエスト地区の名産になっている果物であるキーライムを使用したパイであり、行く前にチェックしたガイドブックには「是非ともご賞味あれ!!」と紹介されていました。

私も基本的にケーキやあんみつや和菓子などの甘味ものが大好きなのですが、パイというものはあまり食べたことがありませんでした。でもです、ココナッツグローブという場所柄もあったのでしょうが、人生で初めて食べた「キーライムパイ」は甘味のルーキーが口の中でデビューしたという感じでした。爽やかで白クリームの中にライムの味が溶け込んでいて、また後からパイの生地の部分のサクサクとした感触が追いかけてきて、ミックスされたものがもう口の中がポジティブに前のめりになって「うまい・うまい」と脳を駆り立てていくのでした。もう、いっぺんで「キーライムパイ」で大ファンになってしまいました。

※日本に帰ってきてから「キーライムパイ」を食べられるお店を探してみたところ、見つけました!「アンナミラーズ」というさまざまなパイが食べられるお店なのですが、ここに行けばフロリダに近い味が味わえるので、日本で「キーライムパイ」が食べたいと思った時、私は「アンナミラーズ」さんに出かけていくようにしています!!2020年夏現在、品川・高輪店のみの営業です!

つづく